« 川瀬見★★☆;懐石 | トップページ | 禁断の夜中華;天龍★★★ »

2006年5月29日 (月)

瓢系とは?

私は、謝罪します。今まで松山グルメをしたり顔で語ってきました。

私は、懺悔します。瓢系の話を何度と無くしてきましたが、実は詳しく知りません。

私は、決心します。知らないものには正面から逃げずに向き合います。

という訳で、松山ラーメンの基本・本流・原点である瓢系の歴史、各店の味の違いなどを”勝手に”研究・考察することにしました。

まず、私がした事はyahoo電話帳で”松山” ”瓢” ”グルメ”と入力。ラーメン屋のみセレクトすると、検索結果は”瓢太””瓢月””瓢華(溝辺)””瓢華(湊町)””瓢箪”。

まず、一番に訪れたのは”瓢華(湊町)”でした。

Gaikan 銀天街を高島屋側から入り数ブロックを左(北)に曲がると見えてきます。位置的には銀天街と千舟町の間のブロックになります。実は2回目なのですが、店に入るとリーゼントの店長が印象的です。孫を連れたおばあさんと、若いカップルがいて、地元密着ぶりがうかがい知れます。

Chasyu

中華そばチャーシュー650円。基本の中華そば500円に、店自慢のとろとろチャーシューを乗せたものです。味の基本は豚のようですがいわゆる豚骨(白いこってり九州)とは違います。スープは透明ではない醤油味ですが、ややこってりした動物系の味の奥に独特の甘みを感じます。あくまでも主観ですが、肉うどんのうまみがします。とろとろチャーシューは店の前ののぼりにも有っただけあって、逸品。箸で持つのも注意が必要なほどの軟らかさで、口の中で何もしなくても、その手の加わり方を伝えてきます。麺は細麺ですが、九州ラーメンとは違いかん水の匂いはしません。

Chanpon_1 ちゃんぽん750円。スープはラーメンよりあっさりとしていて、野菜のうまみが加わった素朴な感じ。ラーメンで感じた動物系(多分豚)の出しの印象は抑えられています。麺はちゃんぽん麺では無くラーメンと同じですが、単なる野菜ラーメンでは無いのでありでしょう。

こうして私の瓢系探求の旅は始まりました。今まであまり興味の沸かなかった”松山ラーメン”が、急に身近に感じられています。多分もう少し知れば嵌っていくのでしょう。

その他の”瓢系”に関して私の知っていることは、ここに書いているだけです。この探求には教科書は無いようです。様々な疑問が沸きます。そもそもの”瓢”はいつ頃どこから発祥したのか?瓢系は他には無いのか?ご存知の事があればこの偉業(?)にご協力下さい。これを見た松山在住の学生諸君!卒論のテーマにどうですか?

____現在までの”私の知っている瓢系”の知識____

瓢太;以前HPにも載せましたが、松山native同僚から”松山でラーメンといえばここ!と言われて訪れました。nomchanさんのblogでは”聖地”のような存在。

瓢月;南高井1305-1とあるも、yahoo地図でも未確認

瓢華(溝辺);zioさん、nomchanさんのblogで知り、今一番行ってみたい店です。少し遠いのと分かりにくそうなので後回しになってます。

瓢箪;ロープウェイ街。店の前は数回通過したことはありますが、暖簾をくぐったことはありません。ラーメン屋っていうより定食屋の雰囲気。

|

« 川瀬見★★☆;懐石 | トップページ | 禁断の夜中華;天龍★★★ »

コメント

いけちゃんさん とうとうその道に入ってしまうのですね^^

甘いから太りますよ、 でも 湊町の瓢華が一番甘いから大丈夫です。 次は瓢箪 瓢太 溝辺の瓢華の順でしょうか?

私甘いの苦手なので 溝辺だけ◎です。

なかなか厳しい評価は自分のブログには書けないので ちょっと辛いかもしれませんが 私も一応載せておかなければくらいで個人的には凄く苦手な部類、 日を開けてチャレンジしないと ちょっと辛いと思います。

turboさん誘うといいですよ、 特に瓢太は会社が近いので 居るときが多いです。

投稿: zio | 2006年5月29日 (月) 23時51分

まさか、いけちゃんが瓢系を制覇してなかったとは。松山では老舗になるので知られすぎて、穴だったのか。。。一応研究生の僕、これでティーテルとれるかな?副社長の厳しい顔が浮かびます。

投稿: おっちっち | 2006年5月30日 (火) 06時56分

遂に 禁断の世界に足を踏み込みましたね。
この系統を美味しいと思うには、他の味を断つ事が必要かと思います。
何せ私は、生まれて~モノ心つくまで『瓢太』のラーメンしか知りませんでしたから。
最近、瓢太も味のバリエーションが出てき始めてますが、今度ご一緒する機会がありましたら、デフォルトな食べ方をご紹介しましょう。

PS:瓢月はラーメン屋ではありません。瓢系とは縁もゆかりも無いうどん屋です。

PS2:探訪先に一番町通りの穂楽を加えてください。

投稿: nomchan | 2006年5月30日 (火) 09時04分

nomchanさんも言われている通り、『瓢月』はうどん屋さんです。南高井にあり、杖の淵公園(ご存知でしょうか?)のすぐ近くにあります。うちのすぐ近くで、仲良しの先輩がおいしいと言っていましたが、私はまだ一度も行ったことがありません。
ところで、私は先日久しぶりにまつちかのラーメン屋さんに行ったのですが、日曜日だったからか、やはりどの店も行列ができてました。あのラーメン街の中でまだ入ったことのないお店に、ちょうどうちに来ていた両親を連れて行ってみたのですが・・・、はっきり言ってあんまり美味しくなかった・・・。両親の見解も同様でした。どこかは言えません・・・。

投稿: かぷ | 2006年5月30日 (火) 21時16分

>Zioさん
私もあまり得意分野では無いのですが、怖いもの見たさみたいなところもあります。昼は日曜しか自由にならないことが多いのでなかなか訪問出来ないかもしれません。溝辺は是非早めに訪れたいです!
>nomchanさんへ
4年前初めて瓢太に行ったときはあの甘さとコショウが違和感がありましたが、今回瓢華は、あの甘さが美味しく感じました。随分松山舌になった気がします。
>かぶさん
始めまして?でしょうか。書き込み有難うございます。瓢月は言われてみれば行ったことのあるうどん屋でした。シンプルで美味しかったと思います。マツチカラーメンステーションは好き嫌いがあると思います。私のHPはどの店の評価も悪い事は書かずにやや誇張してあるかもしれません。でも、遊びのblogで真剣にお店をしている人に迷惑をかけてはいけないと思っているので多めに見てください。これからも宜しくお付き合いください。

投稿: いけちゃん | 2006年5月31日 (水) 21時08分

>おっちっちへ
プレゼンテーションの途中にblogの事を話題にして、探し方をプレゼン部屋の店員さんに教えたら、翌日、隣の部署のS山部長に”blog見たよ”と言われました。時間の問題かも知れません。

投稿: いけちゃん | 2006年5月31日 (水) 21時53分

瓢系ラーメンのルーツについて、
ちょっと知っていることがあるので、
(もう旬の話題ではないかしら・・・)
コメントしますね。

余戸にあるパン屋「ロシナンテ」のご店主さんのお父様が発明したラーメンなのです。

今の花園町あたりで、屋台をされていた時に生み出した味だそうです。

なかなか、味のあるおじいちゃまです。
今もお元気なら、「ロシナンテ」でおじいちゃまの作られたお持ち帰り用の中華そば、売っていますよ。

「ロシナンテ」のパンも、さすがこだわりのおじいちゃまの息子さんだけあって、こだわりのパンで、おいしいですよね~。

Tomoはおじいちゃまが作ってくれた本当に「元祖」瓢系ラーメンを食べたことが何度かあるのですが、もう、それは、それは、やはり、「元祖」だなぁ、と納得の味。
甘いけれどむつこくなく、後味もさわやか。
あまりのおいしさに、お持ち帰りの中華そばも買ってはみたものの、
自分でつくると程とおい味。
やはり、名人はすばらしいですね~。

投稿: Tomo | 2006年10月 1日 (日) 21時04分

貴重な資料提供有難うございます(笑)。
私はnative matsuyamanでは無いのでこの手の情報は勉強になります。松山ラーメンはあまり他の地域に浸透していませんが、たぐってみると面白いし、食べ始めると癖になる気がします。やはり食べ物は土地柄で育つのでしょうかね!

投稿: Tomoさんへ | 2006年10月 1日 (日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22837/1990114

この記事へのトラックバック一覧です: 瓢系とは?:

» 溝辺の瓢華  特製中華そば [Gatto e tagliatelle di Matsuyama]
最近ネタに困って更新していないので turboさんに助けを求めたところ じゃあ AZAKOHAさんのブログで見た寿寿(じゅらんす)軒の博多チャンポン?でもと 雨の中出かけたらお休み、 こうなったら うどんの久兵衛だと わざわざ東野まで出かけると 当分の間休みますと張り紙、 せっかく頑張る気になっているのにー どうしてこう休みばかりなの? turboさんが それでは とって置きの店で 溝辺の瓢華はどう?って事で 今日はとことん行く事にします。 このお店 清水町にあったオリジナルの瓢華の大将... [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 23時52分

» 瓢華の中華そば [Gatto e tagliatelle di Matsuyama]
瓢華の中華そばは おそらく松山で一番甘いラーメンではないでしょうか? 瓢系の中でもチャーシューの甘さは天下一品、 おそらく焦げるといけないから 最後の方で練乳を加えてるんだろうと思いますが 練乳の甘い香りがします。 だからチャーシュー麺は・・・ 怖くて食べた事ありません。 でも 中華そば500円 ラーメン定食600円は凄く良心的、 定食は炊き込みご飯が付きます。 私は甘いラーメンは苦手ですが 瓢系は何処も熱烈なファンがいますので お昼時は結構繁盛しています。 リピーターも多そう ... [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 23時53分

» 瓢太のラーメン [Gatto e tagliatelle di Matsuyama]
瓢太は 松山風の甘いラーメンとしてはもっとも有名かつ繁盛しているお店 瓢のつく名前の松山のラーメン店はちょっと甘めの豚骨醤油味のスープに滑らかなストレート麺が特徴で これぞ松山ラーメンという風に表現する人が多い。 瓢系のお店は 昔からの屋台から続く店舗が多く長期間にわたって大勢の人に支持されている。 しかしながら 私は生粋の松山人であるにもかかわらず 甘いのは松山風と観念的には理解できるけれど どうも甘いスープを受け入れられず 2年に一度くらいしか瓢系ラーメンを食べることはない。 ... [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 23時54分

« 川瀬見★★☆;懐石 | トップページ | 禁断の夜中華;天龍★★★ »