2006年10月19日 (木)

Bar露口★★★

KauntaSasie 松山に、この店あり”露口”.

MBGBに入って良かったです。こんな有名な老舗を知らなかった私を先輩方が連れて行ってくれました。

初めてのハイボール、サントリーバーならではでの素敵なイラスト。

店の隅っこに着信専用においてある黒電話

初老夫婦の肩に力の入らない何気ないサービス

ご存知無い方の為に、場所はうどんの石松の横、柿のたねの対面です。

Pekin その4時間前には”長城”で北京ダック(要予約、詳しくはnomchanさんAZAKOHAさんへ)を食していました。企画担当のAZAKOHAのセンスと食欲(失礼)には驚きました。ご意見番zioさんはいつも冷静な分析。初対面の面白いおじさん?にはかなり楽しませていただきました。

次の日の朝に、ここ3年以来最高の体重(=最悪のリバウンド)を記録した私は、

”心理学の先生が教える『読む』だけダイエット”

”ナイシトール(おなかの内側の脂肪に)”に挑戦開始。

どうなる、若年オジサン抗メタボリック (with 食べ物blog) 作戦

( ̄□ ̄@)!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

エル・モロッコ★★★

Cimg0168 夜の松山を語るのに外せないお店があります。

男の隠れ家、”エル・モロッコ(clickで地図)”は何十年も前から松山を見続けてきて店。活動映画に携わってきたいつもスーツ姿の老マスターが、変わらぬ姿でカウンターでタバコをプカプカふかしています。

Cimg0164Cimg0165Cimg0167 店内は古き良き時代の活動写真の博物館のようです。写真の中にはグレースケリー・クラークゲーブルなどの銀幕スター達の美しい姿がとどめてあり、その時代を知っている方には懐かしさ、知らない者達には胸をはっと打たれるようなスターの気品を教えてくれます。

数年前愛媛に帰ってきたときに、同業の先輩に連れてきていただいた隠れ家的な場所でした。私自身、かなり好きなお店ですが頻繁には行っていません。

この店をご存知の方は”どうして、この店を載せるの?”と思われるでしょう。

私自身もこのblogの趣旨には合わないと思っていました。

久々に訪れると、マスターがこうぼやきます

”この数年、若い人たちが申し送りをせずに愛媛を離れてしまったので、さっぱりだ。”

”この店も、似たようなこの世代の店の様にジリ貧になって来た。”

こんな素敵な空間が松山から消えるのは忍びないので、blogに載せる許可を戴きました。

”エル・モロッコ”を知っているけど、何となく行っていない世代の方、是非後輩を連れてマスターの顔を見に行ってはいかがですか? (電話089-932-6504)

初めて知った方、一度足を運んでみてください。気に入ったら友達を連れて行ってみて下さい。ピザも美味しいですよ。

とても素敵な空間です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

St.bar;夏風邪の治し方?

2日前より全身の筋肉痛と悪寒を伴う風邪にかかってしまいました。

日ごろの不摂生が原因だとの厳しいご意見もありましょうが、それにへこたれてはMBG Bloggerの名に恥じます。

ここに、1グルメブロガーが昨夜、如何にして風邪に立ち向かったかを、お教えします。

1.朝から終日寒気と筋肉痛に襲われ、だましだまし仕事をします。

2.17時に解熱剤を2錠内服、すると汗がたっぷり出て1時間後にはかなり楽になりました。ただし、これは5時間弱しか効かないのは周知の通り。

3.ステーキハウスで赤ワインとともにステーキ200gベリーレアー、ガーリックライスを食します。この頃はまだ写真を撮る余裕はありません。

4.妖艶な美女達を伴い最近お気に入りのSt.barでカクテルを。

20060713_stbar 健康を考え、トマトのカクテルやかぼちゃのカクテルを戴きます。

この頃には写真を撮る余裕も出てきました(店の人に”フラッシュはご遠慮下さい”と注意されました)。ごめんなさいm(__)m

この店は前に紹介した、Hungryの姉妹店で、バーテンさんの雰囲気と店の雰囲気がかなり素敵な場所です。行き方はSt.barをクリックしてみてください。

5.だんだんと夜も更けるにつれて、解熱剤の効果が切れて痛みや熱がぶり返します。アルコールも入っているので何の事かよく判らなくなってきます

ここでへこたれては成るものかと解熱剤1錠追加

6.最後のダメ押しに、以前紹介した辛面屋韓国冷麺をかきこみます。

  すると冷麺の唐辛子のせいか、追加した解熱剤のせいか、汗が出て再び楽になってきます(注意;解熱剤と過度のアルコールは同時に使用してはいけません!まねしないで下さい)。

7.後は、どうなったかよく覚えていませんが、ハッキリと言える事は、

  今朝しんどいのは風邪では無く”二日酔いと食べすぎ”ということです。

  ともかく、風邪は直ったようです(本当かな?)。

  

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

蔵本屋;愛媛の地酒を楽しむ

Kuramoto_glassKuramoto1  以前から気になっていた、愛媛の地酒をグラス単位で楽しめる”蔵本屋”に行ってみました。愛媛の造り酒屋さんが共同で出しているアンテナショップです。店の中は広いワンフロアーで立ち飲み席のみ。メニューや展示棚の中を見て、お気に入りの地酒をグラス単位で注文します。値段は一杯60mLで100円から600円程度です。つまみも愛媛の地の物でじゃこてん、烏賊のあぶり、漬け物の盛り合わせなどが有ります。それらをカウンターでお金を払って手に入れた後は、自分の気に入った席に付いて楽しみます。冷酒だけでなく、熱燗で楽しむこと出来、自分で適温まで燗つけします。昼の12時から夜は9時くらい(10時だったか?)まで空いています。気軽に日本酒が楽しめるのでかなりお勧めです。場所は一番町電車通りのラフォーレ側を数ブロック勝山方向に歩けば大きな看板が見えます。PS;31の造り酒屋の銘柄を書いたカードをくれて、飲んだ銘柄にはスタンプを押してくれます。すべての銘柄を制覇すると”初級”に認定され壁に張り出されます。その上にはくらいがいくつか有って、最高段は国士無双で、一人おられました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)